【ホテル客室清掃改革①】お客様満足UP&従業員満足UP…そしてコスト30%DOWN実現!!

今回はホテルの大幅コスト削減の核となる「客室清掃改革」について。VOL.1

客室やパブリックエリアの清掃を外注業者さまに委託している宿泊特化型ホテル、総合サービス型シティホテル様は多いと思います。(旅館様は自社スタッフ清掃が多いですよね)ホテルの売上に占める清掃にかかるコストはおよそ10%程度が目安と言われています。

私が勤めていたホテルでも以前は、外注業者さまに委託しておりました。清掃費用は、580円/1室。最低保証稼働率は60%。この条件であれば、1部屋を平均5,800円で販売してれば安定した経営ができます。しかしながらこれは5年以上昔の話。今は800円/1室くらいです。

清掃業者さまのコストのほとんどは、清掃スタッフ(主にパートさん)の人件費(もちろん有休や交通費も含みます)。これに本部からの教育費や管理費などが入ってくると、1部屋580円ではとても成り立ちません。成り立たない理由はおもに人手不足と人件費のアップ。人手不足で求人媒体に月3~5万円かけても1カ月に1件しか電話が鳴らなかったなんてことも良く聞いた話です。また最低賃金の上昇は清掃業者さまの経営をさらに圧迫します。5年前の静岡の最低時給は783円ですが、2020年7月現在885円です。(ちなみに2007年は693円でした。安!)そしてこれとても重要な事なのですが、当時の客室清掃スタッフの時給はその最低賃金ギリギリで、ホテルのどの部門のスタッフの時給よりも安かったのです。

当時ずっと疑問に思っていた事がありました。ホテルの価値ってどれだけ快適な時間を過ごすことができたかです。その時間の80~90%過ごすのが客室。つまりホテルの価値を生む大部分が客室内の快適さ。その価値を生む客室を作り上げる最前線の清掃スタッフの給料が一番安いってどういう事なのでしょう?

話しを清掃業者さまに戻します。当時、外注の業者さまから「清掃費用を580円から730円に上げさせて頂けないでしょうか」と相談を受けた時は、なかなか受け入れる事が出来ませんでした。だって150円/1室のアップって年間3,500,000円のコストアップになるんですもの!

ただホテルの経営理念が「業者さまもお客様と同様に接する」でしたから、「どうしてですか?」「なぜですか?」と丁寧に伺い、清掃業者さまの全てのコストを見せて頂き納得してしまいました。最終的にはこれがきっかけで、自社清掃切替に踏み切りました。またこれがきっかけで、清掃業界に携わる人を幸せにしてあげたいな。そして安定したホテル経営を続ける為にもいろいろな事を改革していく事を決意したのです。

~~~~~~~~続きはVO2へ~~~~~~~~

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆・ホテル旅館の利益が上がらない!・集客が増えない!・設備の老朽化に困っている!など様々なお悩みご相談下さい!

『静岡の宿泊施設・ホテル旅館向けコンサルティング』株式会社 宿バイザーまで TEL:054-340-1822 又は ホームページ右下の「チャット機能」からお気軽に!☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です